(略)…、先日放送された朝まで生テレビで三浦瑠麗さんがおっしゃっていたこととも非常に近い部分があるかと思います。
三浦さんは「保守もリベラルも定食でしか語らない。もっといろいろな意見があっていいはずだ」という主旨だったかと思われますが、その通りだと思います。

保守定食・リベラル定食
「保守定食」「リベラル定食」という決まりきった中身
三浦さんが語られている「定食」というのは「決められているメニュー」という意味です。

例えば保守と言えば
憲法9条改正賛成、天皇は男系を死守等の考えを持っています。

逆にリベラルだと
脱原発、憲法9条改正反対等の考えを持つ人が集まっています。

つまり各陣営でみな金太郎飴のように同じ考えを持っている、持たなければならないと考えているのではないか?という主張です。
「保守といえばこれ」「リベラルと言えばこれ」という凝り固まった考え方を三浦さんは「定食」とおっしゃったのでしょう。

反権力に凝り固まってしまった朝日新聞

朝日新聞を筆頭とした、リベラルと言われる人たちの意見もまたこのような定食になってしまっています。
特に今、朝日新聞を始めとするリベラルの方々は「反権力定食」一本槍です。森友学園なんてわかりやすくて、最初はあれだけ籠池氏を批判していたのに、急に反権力に使えそうだとなったら持ち上げ始めたりしました。

今は加計学園を安倍首相を攻撃する材料として利用しています。
本来であれば地方の活性にも利用できて地方の所得や進学のハードルを下げることにも繋がり、リベラルが支援しそうなものです。
しかし、反権力に凝り固まってしまうと、たとえ愛媛県にとってプラスになり、低所得者にとってプラスになることでも反対してしまっている状況です。これはアゴラジオでも宇佐美さんがおっしゃっていましたが、まったくその通りだと思います。

反権力であればそれでいい、中身は問わないという考え方はまさに「定食」であり、そのような考え方が国民にとってプラスになるとは到底思えません。モリカケ問題で半年ほど議論されてきましたが、我々の生活にとって何のプラスがあったでしょうか。

保守・リベラルを超えた意見を個人が持つべき

反権力のためならなんでもする、そのためには間違った意見でも貫き通すという姿勢は支持できません。
同様に保守だからこういう考え方を持つべき、リベラルだからこういう考え方を持つべきという固定観念も思考停止でしかありません。


下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://agora-web.jp/archives/2027993.html


【反権力は国民に必ずプラスではない!保守・リベラルを超えて】の続きを読む